明治の廃仏毀釈以降、鎌倉彫はお
盆や茶托など広く愛される工芸品
として新たな活路を見いだし、気
品と風格はそのままに現在のよう
に発展を遂げました。桂の木地に
彫刻刀で文様を刻み、生漆・炭粉・
砥の粉を蒔き付け下地を作る。更
に黒漆朱漆を塗っては研ぐ作業を
繰り返し、仕上げにイネ科のマコ
モ粉で古色を付け磨き上げる。複
雑な伝統の技を受け継ぎつつ、現
代に生きる鎌倉彫を目指す匠の心
がどの作品にも凝縮されています。

鎌倉は建長寺・円覚寺など格式高
い鎌倉五山を有す禅宗とゆかりの
深い地。鎌倉彫の歴史は約八百年。
鎌倉時代中期にその禅宗とともに
宋から伝わり、仏師たちが寺院の
調度品を手がけたのが始まりです。
室町時代に入ると茶の湯の興隆と
ともに茶道具として珍重され、公
家の日記に「鎌倉物」として記さ
れるように。やがて彫彩漆の品は
鎌倉彫と称され、江戸時代におい
ても雅味ある茶道具として好まれ
てきました。


Copyright © 1974 株式会社陽雅堂 All rights reserved.