おめでたい

寒中お見舞い申し上げます。

1月もあっという間に2週間が過ぎ去りました。今年のお正月はと言うと、年末から続く 自粛ムードで初詣を控えられた方も多かったのではないでしょうか。

当店も鶴岡八幡宮前に店を構えるので、毎年見ている光景ではありませんでした。参拝客は疎らで、警察官による誘導アナウンスもなく静かなお正月でした。

目下、皆さんの関心ごどは新型コロナがいつ終息出来るのか?二回目の緊急事態宣言がいつ解除されるのか?連日報道される感染者数も、ついに全国で7,000人を超えたそうです。これからどうなって行くのかとても心配です。

今、自分たちに出来ることと言えば、マスク着用、手指の消毒、うがい・手洗いの徹底、定期的に室内の換気、3密を避けソーシャルディスタンスを心がけること。

さて、ここからは明るい話題です。
先日、ある企業様からご依頼を受けてお作りした鎌倉彫の雲盤をご紹介致します。
その名も「おめでたい」です。

法曹在位52年のお祝いに、記念品としてご注文を承り、制作したものです。
波しぶきが上る海から鯛が飛び跳ねる姿を表現しました。

企業様からはイメージだけ伝え受け、当店からご希望に合う鯛と波のイラストをご提案致しました。記念品なので華やかにしたいとのご要望により、鯛には金粉を蒔き、仕上げることに致しました。

昨年12月に納品を終えたのでブログでご紹介致します。

雲盤9寸金粉蒔き 鯛と波 陽雅堂
雲盤9寸金粉蒔き 鯛と波 陽雅堂
鯛のイメージイラスト 陽雅堂
波のイメージイラスト 陽雅堂

当店ではイメージの写真や図画などから鎌倉彫を制作する事も致します。

営業時間変更のお知らせ
緊急事態宣言により当面の間、営業時間を変更致します。
お客様にはご不便をお掛け致します。
変更後の営業時間(年中無休) 
平日10:00~16:00
土日10:00~17:00

お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

お稲荷様

陽雅堂の敷地の一角にお稲荷様が鎮座してあります。伏見稲荷大明神、笠間稲荷大明神の二つの神が祀られる珍しいお稲荷様です。どなたでも参拝頂けます。
鎌倉地域の人々に愛されるお稲荷様です。

陽雅堂の一角にあるお稲荷様
陽雅堂の一角にあるお稲荷様
陽雅堂の一角にあるお稲荷様
陽雅堂の一角にあるお稲荷様
陽雅堂の一角にあるお稲荷様

営業時間変更のお知らせ
緊急事態宣言により当面の間、営業時間を変更致します。
お客様にはご不便をお掛け致します。
変更後の営業時間(年中無休) 
平日10:00~16:00
土日10:00~17:00

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

文教大学付属中学校

【文教大学付属中学校 校外学習】
本日は東京都品川区にあります、文教大学付属中学校の生徒さんが鎌倉彫の歴史について校外学習にご来店頂きました。

文教大学付属中学校の生徒さん 店内の様子

事前に鎌倉彫の歴史について調べた内容をひとりづつ質問を受け、お応えして研究内容を学校に戻り発表するそうです。

文教大学付属中学校の生徒さん 店内の様子

皆さん鎌倉彫を手に取るのは初めての様子で熱心に観察していました。

文教大学付属中学校の生徒さん 店内の様子
文教大学付属中学校の生徒さん 店内の様子

若い生徒さんが鎌倉彫の歴史や文化に興味を持って頂けたことはとても喜ばしい事だと思いました。

陽雅堂では鎌倉彫についての校外型学習や研修取材には、今後も積極的にご協力して、お役立てして参ります。

校外学習関連記事はこちら

校外学習関連記事②はこちら

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫丸盆の塗り直しとは

鎌倉彫は木製品に文様を彫刻し、漆を塗って仕上げられた工芸品です。
漆塗り製品は耐久性に優れ、日常的に使用するお盆や菓子器、茶托などがあります。
長年ご使用になった漆製品もご覧の様に塗装が劣化し、剥がれる事が御座います。

今回は鎌倉彫のお盆の塗り直しについてお話致します。
先日、お客様からのお問合せにより鎌倉彫のお盆の塗り直しのご依頼を承りました。

下記の写真の様に、表面の漆塗装が剥がれ木目が見えています。
こちらを修復する過程をご紹介致します。

表面も所々ぶつけた小傷や漆の表面が浮いてきています。この様な状態になったら塗り直しのタイミングです。作業は古い塗装面(漆の層)を剥がすことから始めます。

裏面にもヘコミがあるため、コクソ漆でヘコミを埋める作業もします。

下記の写真が丁寧に古い塗装を落とし終えた状態です。古い塗装は280番の粗目の耐水ペーパーで水研ぎを行いながら落としていきます。(古い漆塗装を剥がす)その際、細かな小傷は消えます。

耐水ペーパー280番で古い塗装膜を落とす 鎌倉彫陽雅堂

ここからは作業の工程順の写真になります。先ずは下地の作り直し作業です。

こちらが完成品です。今回のお盆は総彫でサイズが尺1(33㎝)と大きく作業には1ヵ月半を要しました。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品

ご覧の様に縁に多数あった小傷は消え、新品同様に生まれ変わりました。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品

菊の花びらが全体の乾口塗(ひくちぬり)よりも明るく見えるのは、上塗り段階で研ぎの作業を強めにすることにより、中塗りの朱が表面に覗いてくる為です。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 下地作り
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 中塗りマコモ蒔き作業
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 室(むろ)の中で湿度を保ちながら漆を乾燥させる

鎌倉彫陽雅堂ではお盆や菓子皿、茶托など塗り直しも承っております。塗り工程や製品のサイズにより修理費が異なる為、塗り直しをご希望のお客様はお問合せください。その際事前にお見積り致します。

鎌倉彫丸盆修理と塗り直し
関連記事はこちら

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

箸箱の修理と塗り直し

箸箱の修理と塗り直し
鎌倉彫の二膳入れ箸箱の修理を承りました。
こちらの箸箱は長年ご愛用され、表面の漆が剥がれ傷も目立つ為、塗り直しの依頼を受けました。ご覧の様に所々、表面はすれて下地が見えている状態です。早速工房にて修理に入ります。

中蓋もこの様に下地が覗いています。中も外も全面塗り直しになります。

裏面も角がすれています。先ずは古い塗装を剥がす作業からです。

こちらの箸箱は引き出し式の箸箱です。引手部分が割れて、ひびが入っています。
こちらは差し直しの作業が必要です。

それでは作業開始です。

先ずは、引手部分を新たに作り、差し直し、全体の表面に合わせて刀痕を彫ります。
完全に差し直すと組み上げが困難でバラバラになってしますので今回は古い引手をカンナで薄く削り、新たに張り合わせる事にしました。

内側のひび割れも、後からさび付けをして、しっかり修復します。

【下記の写真が修理の工程です】

こちらが完成品の写真です。

箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂

ご覧の様に引手部分も綺麗に直りました。

箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂

鎌倉彫陽雅堂では鎌倉彫のお直しも承ります。
特にご依頼を多く頂くのが、丸盆や菓子皿など日常使いのものです。
想い出の詰まった鎌倉彫を綺麗に直すことで、その後も永くお使い頂けます。

今回の修理期間は1ヵ月半頂きました。修理費用も品物の状態や大きさにより、それぞれ異なります。修理をご希望されるお客様はお問合せください。事前にお見積りを致します。

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736