夏は白木下駄がおススメ♬

もうすぐ夏の季節ですね。夏はやっぱり白木の下駄がいいですよね。

一般的には桐下駄が有名ですが当店では神代杉を使用した下駄が人気です。

今回は神代杉の白木下駄のご紹介です。

特に天面部分の柾目が通った綺麗な木目にご注目ください。こちらは紳士用の二本歯の下駄です。

サイズは紳士用のMサイズ

丈24.5cm 幅11.5cm 台の高さ5cm

こちらは一般的なサイズですが、普段履いる革靴で言うと適用サイズは25cm〜26.5cmの方におススメです。

下駄は、かかとが少しはみ出るぐらいが “粋な履き方” とされます。

江戸っ子は2〜3cmかかとを出してこそ “粋な履き方” と言われ、わざわざ小さめの下駄を求めます。

今回は柾目の美しさを感じて頂く為に無地に近い鼻緒を選びました。

写真と同一で価格は9,800円(税込)とお求めやすくなっております。

後編 やっぱり夏は白木下駄がおススメ♬花火大会編 はこちら

詳しくは鎌倉彫陽雅堂にお問合せください。☎︎0467-25-3736

紫陽花には恵みの雨

6月の鎌倉は随所で紫陽花が咲いて、 我々を楽しませてくれる。

予報では夜からの雨…が昼過ぎから降りだした。紫陽花にとっては恵みの雨

昨日に引き続き、柾目生かし下駄を挿げました。当店では鼻緒が挿がった状態の完成品と、お客様に台と鼻緒をお選び頂き、その場で挿げるパターンが有ります。気に入った鼻緒で自分のサイズに挿げた下駄は特別な一足になりますよね。

鎌倉彫陽雅堂では皆様の下駄に関するお悩みやご相談にお応えします。

鼻緒の挿げ替えやサイズ調整など、 ご相談ください。

珍しい「登り鯉」と「金魚」の柄です
こちらは「牡丹」と「木蓮」

鼻緒は店長が挿げました。また明日…

柾目生かし桐下駄

白木の下駄の中でも、最高級品と言われる桐下駄…その言われは柾目の通った美しさからそう言われます。

本日は柾目を生かして彫刻した桐下駄のご紹介です。

柾目とは木目、いわいる年輪のことで、この柾目を生かして鎌倉彫に仕上げた事から柾目生かしと言われます。

天目に般若の彫刻を施し、漆で仕上げる。贅沢な一品です。

鎌倉彫陽雅堂では柾目生かし桐下駄を紳士物・婦人物を多数取り揃えております。図案も色々ございます。

是非、ご来店またはお問合せください。

柾目生かし桐下駄 般若

鼻緒は本天 茶
本天鼻緒はソフトで足触りが優しいです。
鼻緒挿げてみました♬
般若
完成!!
店内 柾目生かし桐下駄(芳町)婦人物
婦人物 柾目生かし芳町
店内の様子