鎌倉彫のお手入れ方法

鎌倉彫は漆塗り製品です、漆器は簡単なお手入れでとても長持ちいたします。 日常の食器とあまり大きな違いはなくお使えいただけ、とても丈夫です。

こちらでは、漆器のお取り扱いとお手入れ方法をご案内いたします。

  • 漆器を洗われる際は、たわしや硬いスポンジは避け、柔らかなスポンジや布を使用して洗って下さい。研磨剤など磨き粉は使用せず食器用中性洗剤をお使い下さい。洗った後は軽く拭いた後、直射日光の当たらない場所で乾かして下さい。
  • 乾いた菓子類のほかお料理を盛り付けていただいても大丈夫です。汚れがこびりついた場合は、無理に擦らずにぬるま湯に5分~10分程度漬け置き、汚れが浮きあがってから布や柔らかなスポンジで優しく洗い流して下さい。その後、乾いた布巾で水気を拭き取り、日蔭の風通しのよい場所で完全に乾かして下さい。
  • 直射日光をお避け下さい。漆は紫外線と乾燥に弱いです。変色・色焼けの原因になります。
  • 直火・電子レンジ・オーブン等のご使用はできません。
  • 食器洗浄機、乾燥機のご使用はお避け下さい。漆本来の艶、輝きがなくなります。
  • 鎌倉彫はお使いいただくことで自然の艶が増し、彫りにも一段と表情が出て参ります。くすんだと思われた時やさらに輝きを望まれる時には、柔らかいガーゼーで拭かれると艶がよみがえります。

上記のお取り扱い方法を参考に鎌倉彫や漆製品を長くご愛用ください。

関連記事
鎌倉彫うるし製品塗り直し修理はこちら

鎌倉彫陽雅堂は 9月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休)
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫うるし製品塗り直し修理について

鎌倉彫の製品は塗り直しなど修理を行うことが可能です。「鎌倉彫のお盆を落として割ってしまった」「長年使い込んで漆が剥げてしまった」など様々なご依頼を頂きます。

うるし製品は経年劣化により、うるしが剥げてきます。「うっかり角をぶつけてしまった」などの品物でも新品と同様に綺麗によみがえらせる事が出来ます。

修理品の受付に関しては、事前に電話またはメールにてお問合せください。
ご依頼の際はご来店頂くか、もしくはお送りにてお預かり致します。

修理を承る際には、工房にて修理品の状態や修理方法をお客様にお伝えしてお預かり期間、お見積り等をご提示致します。

稀に修理品の状態によってはお受け出来かねる場合もございます。予めご了承ください。

鎌倉彫の修理依頼について 鎌倉彫陽雅堂

関連記事
鎌倉彫のお手入れ方法についてはこちら

鎌倉彫陽雅堂は 9月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休)
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736