鎌倉彫の塗り直し・修理

本日は鎌倉彫の塗り直し・修理についてのお話です。
長年お使いになられて、表面が劣化してしまった鎌倉彫のお盆や菓子皿も塗り直しをすることで綺麗に甦ります。

先日、お問合せ頂きましたお客様からの依頼を受け、写真の春日盆(かすがぼん)の塗り直しを行いました。表面には艶が無く所々塗装が剥げていました。

鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)

古い漆の塗装面を耐水ペーパーを使い、落としていくと、縁の部分にひび割れも見つかりました。先ずはひび割れの修復作業を行います。

鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)

ひび割れた部分を三角刀で、その部分より深くかいこみします。
かいこみとは、もともとあった修復部分よりも深く彫り込みをいれ、コクソ(漆に木粉を混ぜたもの)を盛り、木固め(きがため)をする。コクソが乾くのに4日~5日掛かり、乾くと肉が痩せるので、この工程を2,3度繰り返します。

鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)

コクソを高めに盛り、完全に乾燥したら余分な肉をペーパーで落とし、滑らかにします。
ひび割れした部分の継ぎめはコクソで木固めをし補強することで直ります。

鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)

この時点で継めは完全に無くなります。

鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 修理工程(鎌倉彫陽雅堂)

裏面は刷毛目を書き直します。

鎌倉彫春日盆 完成品(鎌倉彫陽雅堂)

こちらが完成品です。

鎌倉彫春日盆 完成品(鎌倉彫陽雅堂)

元々の色よりも濃い目に仕上がっておりますが、お使いになるにつれ、自然な漆の光沢と色合いになって来ます。今回の塗り直し・修理に掛かった期間は45日程度です。

鎌倉彫春日盆9寸塗り直し・ひび割れ修理に掛かった費用は12,000円(税込)です。
修理などご依頼される場合、品物の大きさ、塗り手法、お預かりの状態によって価格は異なりますが、事前にお見積りをお出し致します。上記修理費には送料は含まれておりません。

鎌倉彫春日盆 完成品(鎌倉彫陽雅堂)
鎌倉彫春日盆 完成品(鎌倉彫陽雅堂)

直接ご来店できないお客様でも、お問合せください。
店舗へ修理品をお送り頂き、お見積りさせて頂きます。
注意:落下させ割れてしまったお盆などは、接着剤など使用せずに、割れた状態で、すべてのパーツをお送り下さい。

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫 桃皿牡丹崩

鎌倉彫 桃皿牡丹崩(ももざらぼたんくずし)
花の女王様とも呼ばれる牡丹…妖艶な花弁は気品に溢れ、見るものを楽しませてくれます。本日は牡丹の花をモチーフにした桃皿(ももざら)のご紹介です。

桃皿は縁が内側に丸み込み、平皿とは一味違う高級感のあるお皿です。
菓子器としては勿論のこと、お料理を盛っても華やぎます。
しなやかな牡丹の花弁を熟練の彫刻技で表現しました。鎌倉彫の代表的な乾口塗(ひくちぬり)で仕上げた皿は、幾重にも漆を重ねる事により、耐久性にも優れ、独特な光沢を放ちます。

鎌倉彫 桃皿9寸牡丹崩 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫 桃皿9寸牡丹崩 鎌倉彫陽雅堂
記念品や贈答品には無料にて熨斗をご用意致します

鎌倉彫の菓子器 詳細はこちら

鎌倉彫陽雅堂は 9月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休)
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫の牡丹弁花皿

鎌倉彫の牡丹皿が喜ばれる理由…

牡丹の花は多重の花びらを咲かせ、妖艶さと高貴な女性をイメージさせる。

牡丹は「花の女王様」とも言われるほど気品と美しさがある。

写真は鎌倉彫の牡丹弁花皿(べんかざら)

桃型皿(ももざら)とも呼ばれ、少し湾の形に周りが盛り上がっています。

牡丹の花弁をイメージするのにピッタリのお皿です。

繊細な彫刻が重なり合い、今にも動き出しそうな花びら…

使い手の想像が膨らむ牡丹弁花皿…

鎌倉彫陽雅堂では、こちらの牡丹弁花皿を長年にわたり、ご婚礼の引き出物や内祝い品に取り扱っております。

鎌倉彫は繊細な彫刻と漆しの輝きの変化を楽しむ文化があります。

漆の塗りたては、薄黒く、くすんでいます。
使い続けるうちに段々と、少しずつ漆が透明な飴色に輝き始めます。

これを漆しが透ける(すける)と表現します。
天然漆でしか味わえる事の出来ない変化をお楽しみください。

繊細な牡丹の弁花が美しい鎌倉彫のお皿
鎌倉彫桃皿牡丹崩 鎌倉彫陽雅堂
2019年正月 寒牡丹 鶴岡八幡宮牡丹神苑 店長撮影
2019年正月 寒牡丹 鶴岡八幡宮牡丹神苑 店長撮影

鎌倉彫牡丹弁花皿の購入詳細ページはこちら

お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫の記念品

記念品には鎌倉彫がおススメ…

企業のお祝い行事や、お世話になった方への御礼など、鎌倉彫の贈答品を多数ご用意しております。こちらのお盆は十六角に面取りした鎌倉彫のお盆です。記念行事に相応しい重厚な趣と風格が御座います。

記念品として8寸(24㎝)・9寸(27㎝)をご用意しております。

その他のご用途として、御礼・内祝・寿などにもお勧め致します。
ご贈答品として専用のお箱に入り”熨斗”を無料にてお付け致します。

鎌倉彫 十六角盆9寸牡丹(直径27㎝) 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫 十六角盆9寸椿(直径27㎝) 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫 十六角盆9寸鉄線(直径27㎝)鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫 十六角盆9寸枝梅(直径27㎝) 鎌倉彫陽雅堂

商品購入ページ詳細はこちら

お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736