鎌倉彫丸盆修理と塗り直し

本日は鎌倉彫の丸盆の修理についてお話し致します。

お客様より丸盆の修理についてお問合せを頂きました。
お客様:「大切にしていた鎌倉彫のお盆を落として割ってしまった」
この様なお問合せをメールで頂き、下記の写真まで送って頂きました。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

落とした際に角が欠けてしまったご様子でした。今回は欠けた部分の修復と塗り直しのご依頼を受けました。幸いの事に欠けたパーツも全て揃っておりましたので元の状態に修復が可能です。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

先ずは欠けた部分の修復です。欠けたパーツを元の状態に合わせ、木工用ボンドで仮止めします。2日間乾燥させた状態から、継ぎ目に彫刻刀で溝を彫ります。裏も表も溝が彫れたら、その部分にコクソ漆を埋め、傷口の修復をします。そのまま4~5日ほど乾燥させる。(コクソ漆は生漆(きうるし)とのりを等量に混ぜ、木粉とコクソを混ぜ練り合わせたパテ状のもの)このコクソ漆は重箱などの継ぎ目やお椀などの下地に使用します。乾くと強度が増し、下地の他、古来から漆器製品の接着剤として使用されてきました。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

継ぎ目にコクソ漆でかいこみした部分も、乾燥すると漆が痩せ(やせ)てくるので、この工程を2~3度繰り返します。完全に乾いた状態で下地と継ぎ目が一体になる様にペーパーで滑らかにします。ここまでが欠けたパーツの修復作業です。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

写真の様に修復部分が直っています。継ぎ目も全く分かりません。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

こちらが完成した写真です。
新品同様の仕上がりにお客様も喜んで頂きました。

鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
鎌倉彫丸盆の修理と塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

鎌倉彫陽雅堂では鎌倉彫の塗り直しや修理なども承ります。塗り直し、修理費は製品の状態やお客様のご要望やお直しする方法によって異なります。

事前にお見積り致します。ご相談ください。

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫手鏡の塗り直し

長年愛用された鎌倉彫の手鏡の塗り直しの依頼を受けました。
写真の様に手持ち部分は木地が見えるまで剥げて、表面には無数のすれ傷が入り、経年の劣化を感じる状態でした。

お客様から「祖母の形見なんです…」
店…「それでは心してお預かり致します」と
そんな会話のなか、手鏡の塗り直し修理を受けました。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

工房にて表面の古い漆しを落としていきます。
同時に小さな傷も丁寧に水を付けながら耐水ペーパーで水研ぎをして滑らかにしていきます。小さな傷は耐水ペーパーを当てる事で傷は目立たなくなります。大きな傷やヘコミ部分には、生漆(きうるし)に砥の粉(とのこ)と水を混ぜ、練り合わせた下地さびをパテとして傷穴にヘラで埋めて平らにします。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

手鏡の持ち手部分には古い漆と汚れが残っていますが、塗り直す前には、汚れや古い塗装面を耐水ペーターで全て落とします。この時使用する耐水ペーパーは粗目の280番~400番のペーパーを使用します。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

表面を磨き落とす際に、柄の縁部分だけ三角刀で縁取り(ふちどり)していきます。こうする事で元の輪郭が蘇えり綺麗に仕上がります。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

下記写真が完成後の手鏡です。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

見違える様に綺麗な仕上がりです。
輪郭も埋まることなく、はっきり縁取りが見えます。手間を惜しまず、手仕事による鎌倉彫の塗直し工程です。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

こちらのお客様は鏡の交換も希望されました。
手鏡の塗り直し工賃は状態や作業内容によって異なります。
今回は塗り直し+鏡交換で総額17,000円を頂戴しました。

決して安い値段ではありませんが、お客様にとっては大切な形見の品です。これからもご愛用頂ける事と願っております。

手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂
手鏡塗り直し 鎌倉彫陽雅堂

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

  お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

校外学習 鎌倉市立岩瀬中学校

鎌倉彫の歴史について
【校外学習 鎌倉市立岩瀬中学校】
本日は鎌倉市立岩瀬中学校1年生の生徒さん5名がご来店されました。
鎌倉彫の歴史や制作工程について学習に来られました。

鎌倉彫の制作工程の基本的な事柄や完成までの流れ、制作に掛かる日数などをご説明致しました。実際に鎌倉彫を手に取るのは初めての生徒さん。漆の仕上げ方法の違いによって、表面の艶の乗り方が違うのは、なぜか?など質問があり、丁寧に工程の違いをお話し致しました。グループ5名で調べた内容をまとめ、授業で発表するそうです。

鎌倉彫の手鏡を興味深々に見ているご様子

写真は生徒さんにお断りをしてアップしております。

鎌倉の伝統工芸品である鎌倉彫を地域の小学生や中学生が教育活動の一環で、学習する機会が増え、鎌倉彫がこの先も絶える事がない様に、鎌倉彫陽雅堂では、今後も市内 小・中学校の校外学習や職場体験学習など、積極的にご協力して、お役立てして参ります。

鎌倉彫陽雅堂は12月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉校外学習 『鎌倉探索』

市内の中学生が校外学習で鎌倉彫について訪問されました。
本日は鎌倉市立第二中学校1年生の生徒さん5名が校外学習『鎌倉探索』の教育活動で鎌倉彫について来店されました。事前に用意された質問の内容に丁寧にお応えしました。

鎌倉市立第二中学校1年生の皆さん

【学習の目的】
①自分が住む地域の身近な事柄に興味・関心を持ち、グループでの学習や活動を通じて深く探究する。
②鎌倉の歴史・文化・風土・自然など、鎌倉に対する理解を深めるとともに、地域を通じて学び、郷土への愛着を深める。
③鎌倉についての課題を設定し、その課題を様々な視点や方法で調べ、まとめ、発表する。

鎌倉彫の歴史や漆塗りの工程について質問されました
実際に鎌倉彫に触れるのは初めての様子
熱心にノートにまとめています

鎌倉の伝統工芸品である鎌倉彫を地域の小学生や中学生が教育活動の一環で、学習する機会が増え、鎌倉彫がこの先も絶える事がない様に、鎌倉彫陽雅堂では、今後も市内 小・中学校の校外学習や職場体験学習など、積極的にご協力して、お役立てして参ります。

明日から11月です。早いもので今年も残り2ヶ月となりました。これから朝晩の冷え込みも厳しくなって参ります。皆さま、どうぞお体をご自愛くださいませ。

鎌倉彫陽雅堂は11月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鼻緒のすげ替え

鼻緒のすげ替え
本日は下駄の鼻緒のすげ替えをご希望のお客様がご来店されました。
お客様によると、自身が娘時代から愛用されている下駄を、今度はお嬢様に履いて頂く為に鼻緒の交換に来られました。

長年ご愛用のちりめんのぼかし鼻緒は中綿も痩せ、鼻緒もすれて、ほつれていました。前金も外れて、これでは履きずらいご様子でした。

新たにお選び頂いた鼻緒は本天(ほんてん)2寸丸鼻緒。こちらの鼻緒は太めの本天(ビロード)素材で、中綿がたっぷり入っているので、足触りがとてもソフトです。

お嬢様の足のサイズを伺って、ピッタリにすげ替える事が出来ました。

鼻緒を新しくなると、また長くお履き頂けます。

【裏側の修正】
前側部分のゴムが剥がれ、特にすり減りが目立った為、当てゴムとすり減り防止の前革をサービスで追加致しました。台を平らになる様に修正して完成。

鎌倉彫陽雅堂では、お客様がお持ちの下駄の鼻緒交換(すげ替え)も承ります。種類豊富な鼻緒の中から、お好みの鼻緒をお選び頂きすげ替えを行っております。

価格は鼻緒代+すげ替え代1,500円(税込)にて承ります。

鎌倉彫陽雅堂は10月も休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736