鎌倉彫 塗り直し 手鏡編 vol.3

伝統工芸品に指定される『鎌倉彫』
その鎌倉彫は匠な彫刻技と漆の優雅な光沢が織り成す美しさで人々を引きつける。

そんな鎌倉彫の修復についてお話します。
今回は鎌倉彫の手鏡の修繕(塗り直し)についてお伝えします。
先日ご依頼を頂き、古来より伝統的な角手の形をした手鏡をお預かりしました。
表面は漆の艶がとび、小傷と凹みが目立つ状態でした。こちらを工房で修繕していきます。

作業前 表面は漆の劣化と縁に凹みキズがあります
作業前 表面:漆が乾き艶もなく凹みキズが目立ちます
作業前 鏡面:縁にすれ傷があります
作業前 鏡表面:縁にすれ傷や凹みがあります
作業前 手鏡の持ち手部分に凹みや小傷かあります

先ずは作業に入る前に鏡を外します
今回は鏡の交換もご依頼頂きました

280番の粗目の耐水ペーパーで古い塗装面を水研ぎしながら丁寧に落とします。中の塗装面が表れたら、ヘラで錆漆しを(サビうるし)錆付けする。錆漆は生漆と砥の粉を混ぜたもの(漆のペースト状のもの)錆付けが終わり乾燥したら耐水ペーパーでサビ研ぎして滑らかに仕上げます。

この錆付けと錆研ぎの下地作りの工程をきちんと行わないと、次の黒中塗りの漆の喰い付きが悪く漆が剥がれてしまいます。丈夫で長持ちしする漆塗り製品は下地工程に時間を掛けます。

【黒漆で中塗り工程がこちら】中塗りの作業は、黒塗り➡乾燥➡水研ぎを4回繰り返す。工房ごと工程や塗り回数に違いはありますが、当工房は4回繰り返すことで肉が付き丈夫な漆の層を作ります。また漆は季節に寄って乾き具合に違いが出ます。漆の乾きが遅い時期は漆室(うるしむろ)の室内の湿度(しつど)を上げ調整します。漆が急激に乾燥すると表面に縮みが生じ仕上がりに影響を及ぼす。そのため湿度調整が重要となります。

黒中完成写真 鎌倉彫陽雅堂

【黒中塗り完成写真】
黒中塗り➡乾燥➡水研ぎを4回繰り返し中塗りが完成した状態がこちら
漆の小さなつぶや気泡(きほう)など均一にするため水研ぎは重要な工程である。

黒中(鏡面)完成写真 鎌倉彫陽雅堂

【上塗り工程】ここから上塗り工程に移ります。

【上塗り工程】
漆に朱の粉を混ぜた朱漆を作る。朱漆で上塗りした後に、生乾きの状態を見計らい、マコモを刷毛で蒔きつける。乾燥後、布に水と砥の粉をつけたものでマコモを研ぎ出す。このマコモ研ぎは彫刻の高低差と塗り色の明暗を表現するもので、研ぎの加減は職人の経験に頼るもの。強く研ぎ過ぎると下の層が表れ、弱いと彫りの模様が現れず、漆色の明暗もはっきりせず、仕上がりに立体感が生まれない。更に生の漆で漆拭き➡乾燥➡漆拭きを繰り返す。この工程を3回繰り返すことで表面を固め丈夫さと上品な艶が生まれます。

こうして・・・
『鎌倉彫』は味わい深く魅了するものとなります。

【塗り直し完成の様子がこちらです】

【完成品がこちら】
「しっとりした漆の質感」
「匠な彫刻の美しさが表れます」

塗り直し完成品 鎌倉彫陽雅堂
表面の完成の様子

丁寧に塗りと研ぎを繰り返すことで
「彫刻をより際立たせ」
「優雅な漆の艶が生まれる」

鏡の持ち手部分もこの様な状態に仕上がります
鏡面も綺麗に仕上がっております
塗り直し完成品 鎌倉彫陽雅堂
塗り直し完成品 鎌倉彫陽雅堂

鎌倉彫陽雅堂では、今回ご紹介致しました手鏡の塗り直しなど鎌倉彫製品の塗り直し、修復など、お直しに関してのご相談を承ります。割れてしまったお盆や漆が剥げて見栄えが悪くなった製品の修復など致します。修復費用は製品の大きさや種類、修理の内容によって異なります。事前にお見積り致します。

お見積りは基本的に製品をお預かりして取らせて頂きます。ご来店ください。遠方でご来店頂けない場合にはメールで写真をお送りください。ご希望する修理内容をお伝えください。
(製品の状態が分かる様に表と裏の写真、製品の寸法を明記ください)
*また状態や修理内容に寄り、お断りする場合も御座います。予めご了承ください。

お客様には安心してお預け頂けるように努めて参ります。

塗り直しや修理に限らず鎌倉彫関連のご相談、オーダー品などお問合せください。
記念品・結婚のお引き出物など多数商品を取り揃えております。

関連記事
鎌倉彫 塗り直し 手鏡編 vol.2 はこちら

関連記事
鎌倉彫 塗り直し 手鏡編 vol.1 はこちら

【短縮営業時間のお知らせ】
 平日10時〜16時
 土日10時〜17時
新型コロナの影響により店舗の営業時間を当面の間、短縮して営業致します。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きます様お願い申し上げます。

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫 塗り直し 手鏡編 vol.2

鎌倉彫手鏡の塗り直しのお話

日頃、手鏡の塗り直しについてお問合せを頂きます。漆器製品は長くお使い頂くと、下地層の漆が現れます。これは表面の漆が擦れることで、所々に下地に使われる黒塗りが覗き、アンティーク感が増し、何よりも時の経過と共に愛着が湧いてきます。

鎌倉彫は下地→中塗り→上塗りの順に、幾重にも塗りを重ねることで丈夫に仕上げることが出来ます。母から娘へと受け継がれた手鏡など古傷ひとつにも想い出があります。

そんな想いの詰まった手鏡を塗り直す事でまた息吹きが吹き込まれ生き続けます。

先日の手鏡塗り直しの様子をご紹介致します。

ご覧の写真(塗り直し前)は手持ち部分の塗りは剥げて、木地肌が見えています。
角も何かにぶつけた痕がありへこんでいます。こちらを綺麗に修復して行きます。

先ずは古い漆を剥がす作業から始めます。

コクソ漆でヘラ付け作業の様子です。簡単に言うと車のヘコミを修正するのと同じです。板金の際にキズやヘコミ部分にパテを埋めて、余分なパテは研いで落とし平らにならします。鎌倉彫の修復も同じ様に、傷やヘコミにはコクソ漆を埋め込み、乾燥後、研いで平らにします。

簡単そうに見えますが、このヘラを自在に使いこなせるようになるにも10年から15年程の年月が掛かると言われます。漆の特性を理解し、気温や湿度を見極め、漆の粘質調整が出来る様になり、初めて漆職人と認められると言われます。

鎌倉彫を制作するには彫刻刀はもちろん、漆職人にはヘラと刷毛は欠かす事はできません。
次回は刷毛について詳しくお話します。

こちらが塗り直し完成の写真です
新品と見間違える程、綺麗な仕上がりです。

鎌倉彫陽雅堂では鎌倉彫の製品の塗り直しや割れたお盆の修復など承っております。
鎌倉彫のことならお気軽にお問合せください。

関連記事
鎌倉彫の修理・塗り直し手鏡編 vol.1はこちら

関連記事
鎌倉彫の修理・塗り直し手鏡編 vol.3はこちら

【短縮営業時間のお知らせ】
 平日10時〜16時
 土日10時〜17時
新型コロナの影響により店舗の営業時間を当面の間、短縮して営業致します。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きます様お願い申し上げます。

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫丸盆の塗り直しとは

鎌倉彫は木製品に文様を彫刻し、漆を塗って仕上げられた工芸品です。
漆塗り製品は耐久性に優れ、日常的に使用するお盆や菓子器、茶托などがあります。
長年ご使用になった漆製品もご覧の様に塗装が劣化し、剥がれる事が御座います。

今回は鎌倉彫のお盆の塗り直しについてお話致します。
先日、お客様からのお問合せにより鎌倉彫のお盆の塗り直しのご依頼を承りました。

下記の写真の様に、表面の漆塗装が剥がれ木目が見えています。
こちらを修復する過程をご紹介致します。

表面も所々ぶつけた小傷や漆の表面が浮いてきています。この様な状態になったら塗り直しのタイミングです。作業は古い塗装面(漆の層)を剥がすことから始めます。

裏面にもヘコミがあるため、コクソ漆でヘコミを埋める作業もします。

下記の写真が丁寧に古い塗装を落とし終えた状態です。古い塗装は280番の粗目の耐水ペーパーで水研ぎを行いながら落としていきます。(古い漆塗装を剥がす)その際、細かな小傷は消えます。

耐水ペーパー280番で古い塗装膜を落とす 鎌倉彫陽雅堂

ここからは作業の工程順の写真になります。先ずは下地の作り直し作業です。

こちらが完成品です。今回のお盆は総彫でサイズが尺1(33㎝)と大きく作業には1ヵ月半を要しました。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品

ご覧の様に縁に多数あった小傷は消え、新品同様に生まれ変わりました。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品

菊の花びらが全体の乾口塗(ひくちぬり)よりも明るく見えるのは、上塗り段階で研ぎの作業を強めにすることにより、中塗りの朱が表面に覗いてくる為です。

鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂丸盆総菊彫 完成品
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 下地作り
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 中塗りマコモ蒔き作業
鎌倉彫陽雅堂工房作業風景 室(むろ)の中で湿度を保ちながら漆を乾燥させる

鎌倉彫陽雅堂ではお盆や菓子皿、茶托など塗り直しも承っております。塗り工程や製品のサイズにより修理費が異なる為、塗り直しをご希望のお客様はお問合せください。その際事前にお見積り致します。

鎌倉彫丸盆修理と塗り直し
関連記事はこちら

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

    お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

箸箱の修理と塗り直し

箸箱の修理と塗り直し
鎌倉彫の二膳入れ箸箱の修理を承りました。
こちらの箸箱は長年ご愛用され、表面の漆が剥がれ傷も目立つ為、塗り直しの依頼を受けました。ご覧の様に所々、表面はすれて下地が見えている状態です。早速工房にて修理に入ります。

中蓋もこの様に下地が覗いています。中も外も全面塗り直しになります。

裏面も角がすれています。先ずは古い塗装を剥がす作業からです。

こちらの箸箱は引き出し式の箸箱です。引手部分が割れて、ひびが入っています。
こちらは差し直しの作業が必要です。

それでは作業開始です。

先ずは、引手部分を新たに作り、差し直し、全体の表面に合わせて刀痕を彫ります。
完全に差し直すと組み上げが困難でバラバラになってしますので今回は古い引手をカンナで薄く削り、新たに張り合わせる事にしました。

内側のひび割れも、後からさび付けをして、しっかり修復します。

【下記の写真が修理の工程です】

こちらが完成品の写真です。

箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂

ご覧の様に引手部分も綺麗に直りました。

箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂
箸箱二膳入れ修理と塗り直し  鎌倉彫陽雅堂

鎌倉彫陽雅堂では鎌倉彫のお直しも承ります。
特にご依頼を多く頂くのが、丸盆や菓子皿など日常使いのものです。
想い出の詰まった鎌倉彫を綺麗に直すことで、その後も永くお使い頂けます。

今回の修理期間は1ヵ月半頂きました。修理費用も品物の状態や大きさにより、それぞれ異なります。修理をご希望されるお客様はお問合せください。事前にお見積りを致します。

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736

鎌倉彫 塗り直し 手鏡編

鎌倉彫の手鏡の塗り直し
長年お使いの手鏡の塗り直しと鏡面の縁に入ったひび割れの修復を依頼されました。

持ち手部分の漆塗装が剥げ、下地が覗いています。古い漆を耐水ペーパーで落とす事から始めます。

鏡面には落下させてできたひび割れがあります。

丁寧に耐水ペーパーで漆を落とすと下地が出てきます。

下地が表れてきたら、小傷を拾い、砥の粉で埋める作業を致します。

こちらが中塗り、当店の中塗りは渋めに仕上げる目的で黒中(黒漆しを中塗りに使う)を使用します。

その後仕上げの本塗り作業

本塗りが乾く直前にマコモを蒔きます。マコモはイネ科の多年草。マコモを蒔くことで、彫刻の高低差に陰影が生まれます。

こちらが完成品です。

見違える程に美しく仕上がります。

鎌倉彫陽雅堂では、丸盆や菓子皿の他に、手鏡や茶托などの塗り直し、修理も承ります。
品物の大きさなどによりお見積りが異なる為、実物をお預かりしてからお出し致します。

鎌倉彫の修理・塗り直し手鏡編 vol.2
関連記事はこちら

稀に商品の状態により修理をお断りする場合が御座います。
予めご了承ください。

鎌倉彫陽雅堂は休まず営業致します。
営業時間(年中無休) 
平日9:00~17:30
土日9:00~18:00

   お問合せは
メールでのお問合せはこちら
鎌倉彫陽雅堂 ☎ 0467‐25‐3736